今現在、チェルニー100番とブルグミュラー25番を練習中!!
いつになれば、どこまで行けば、ピアノ初心者から脱出できるのやら・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1日5分のピアノ生活」

はい、、


読み終わりました。


辻井伸行、、、


のぶりん、、の本。。笑。



本のタイトルは、


「今日の風、なに色?」


全盲の、、と思えば、、


このタイトル、、グッときます。笑。


これ、本の中でも何度もかかれてますが、、


色を教える、、とかそんなんで、


りんごの赤。

バナナの黄色。。。


とか言ってたらしいんです。。母親が。。



なら、、


「今日の風はなに色?」



と聞かれた。。。と。。




さて、、




まずね、、この本を読もうと思ったのは、、


タダ単に、、


普通に、


のぶりん、、に対しての興味からです。。


やっぱり、、ヤツ、についてそないに何も知らないんやし。。


で、、先日?書いたけれど、



読み出して早々、、に、




グッときたんよね。。笑。



感想の結論を書けば、



グッと、、きまくりましたよ。。笑。




きまくりです。。笑。




この本、、母親、、が書いたんです。。


当時書いてた日記も絡めて。。





のぶりん、、


ピアニスト。。。



の入りで読んだけれど、、


これはね、、


育児、、本。。と言うか。。笑。



子育て、、の本。。



そして、もう、、

母親の愛情っぷりがグッと、、きまくる、、んです。。笑。




小眼症、、というハンデを背負ってうまれてきた、のぶりん。。



妊娠中、、は、、旦那さんが産婦人科の医師、


という最強?の環境での初めての妊娠生活。



そして、、いざ、、生んで、、


のぶりん、、眼を開けなかった。。。。と。



母親としては、、


のぶりん、、と早く眼を合わせたい。。


でも、、眼を開けない。。




産婦人科の旦那さんは、、


もう、、2日ほど?で、


小眼症とわかったみたいですが、


それをね、、


奥さんには気遣ってなかなか言えなかったり。。


当然、、数日、たてば奥さんも、、眼を開けないわが子を心配。。



小眼症と、、はっきりと認識した瞬間、、


崩れ落ちたような感じでした。。。



でもね、、


奥さん、、がもう何より、、凄いんです。。


頑張ったんです。。



マイナスな思考、、不安、、

に苦しみながらも、



ピアノ、、から光が差し出した。。と言うか。。



でもね、、この母親が本当に凄く、、


行動力、積極性。。


これにグッと、、きまくる、、んです。笑。


わが子を思っての、、、パワー。。ですね。。




のぶりん、、の本、、な受け取り方で読み出したこの本でしたが、、


さっきも書きましたが、

この母親の子育て、の本。。


どう、、のぶりん、、、を良い方向に、、と。。




正直、、のぶりん、、よりもこの母親、、に魅力を感じました。。笑。



出だしはね、、


悲しい感じで始まるんですが、、


ピアノと出会ってからは、、


そこに喜び、、があるんです。。笑。




たくさん、、不安のある中、、


可愛かったのが、、


カッパえびせん、、

をのぶりん、、が自分一人で手で口にパクッと入れた事。。笑。



普通に、、わが子の成長に驚き、感動。。


なニュアンスですが、、



いかんせん、、小眼症。。


こんな言い方は、、ダメ、、と思いますが、、



普通ではない。。



だからこそ、、カッパえびせん、の件、、


嬉しかったやろうな、、と。。笑。



本の中で紹介されてる、、


当時の日記、、に、、



びっくりマークがあるんです。。


まあ、普通に、、



「やった!」


な使い方ですが、、



このびっくりマークにも、、


グッと、、きまくる、、んです。笑。




母親のエネルギッシュ感、、と、、


喜び具合を感じれて。。笑。



あと、



「ほっとした!」


とかもね。。笑。




もう、、正直、、



めちゃくちゃ素敵な、、のぶりん、、の母親、ですよ。。笑。



のぶりん、、の非凡、、な具合は適度に話に出てくるんですが、、


それよりもね、、


それに対しての母親の感想?


とかが良かったかな。。笑。





母親の、我が子に対する半端ない愛情。。


な本ですね。。笑。


ポツッと紹介させる、


その当時を振り返って、、の、、父親のコメント。。



とかもね、、


グッと、、きます。。笑。


あんまり、、具体的内容は避けて書いてますが、、

正直、



また出す名前ですが、、


水島、のあの本、、


を読むなら、、この本を読むべきですね。。笑。



水島には悪いですが、


比べ物になりません。。笑。



まあ、、あっちは小説ですが、、


本を読む行為、、に対して使う時間は同じ、、


と考えれば、、


はるかに、、この本の方が、、


ためになる。。笑。




まだ、、この本の続き、、あるんです。



前にも書いたけれど、



のぶカンタービレ。。笑。


このタイトルを見た時は突っ込まざる、、えなかった。。


ですが、、



そんな事、、どうでもイイ感じですね、内容を思えば。。笑。



この続編。。も読ませてもらいます。。笑。



もうね、、


水島、、の時は、、



(読んだるぜ水島!!)


なニュアンス、、あったりしましたが、、


のぶカンタービレは、、


(是非、、読ませてもらいます!!)



ですね。笑。



本を出してくれて、ありがとうございます。。


ですよ。。笑。



いつか生で、、


のぶりん、、そして、、母親さん、、


に会ってみたいもんです。。




母親さん、、、



最高にリスペクトですよ。。笑。
カテゴリー 一覧
リンク 一覧
フリーエリア
プロフィール

ラプコーリニコプ!

Author:ラプコーリニコプ!

  1976年早生まれ 


憧れ続けたピアノ。。

我慢出来ず30半ばにして
独学でピアノを始めました。。笑。

ピアノの練習日記
youtube動画紹介等。。

ピアノのある生活は・・・
良いですね!


面白き、こともなき世を
面白く

好きなだけ、
リンクフリーです!

リスペクト動画
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。